仲介を依頼して不動産を売却するときの注意点

子供が増えてマンションの売却を考える

不動産売却の一括査定ならマンション売却を成功させるための注意点

あまり将来的な計画を立てずにマンションを購入して夫婦で暮らし始めたのですが、子供が三人にもなってしまって暮らしづらくなってしまいました。
売却して別の不動産を探して住もうと考えるようになり、購入したときにお世話になった不動産会社に売却の仲介を依頼することにしたのは失敗でした。
親切に接してもらえていたので今回も良い対応をしてもらえるだろうと期待していたのですが、結果的に三ヶ月ほどを棒に振ることになってしまったのです。
このときの体験から仲介を依頼するときには注意点があるとわかりました。
話を持ちかけたときには不動産会社側もスピーディーに対応をしてくれて好印象でした。
マンションの情報については先方もよく理解してくれていたので手続きも速やかであり、言われるがままに契約書にサインをして仲介を依頼することになりました。
基本的には宣伝広告を全て行ってくれて、希望者が現れたときには連絡すると言われたので安心して任せていたのを覚えています。
定期的に進捗状況を報告するから来店して欲しいという話も受けていたので、毎週末には必ず寄って話を聞いてから自宅に帰るという日々を過ごしていました。
すぐに買主が見つかるとは思っていなかったことも影響して、販売活動を行っても誰も見つからなかったという話をされても特に疑問に思うことはなく、継続して買主を探して欲しいという話だけをして帰路につくというのが毎週のことでした。

子供が増えてマンションの売却を考える : 業者が適正な価格を出してくるとは限らない : 他の業者とも相談を

不動産売却時の仲介の流れについて

家族との同居がきまり急に自己所有のマンションを手放す事になりました。
引越し先が遠方でもう戻ってくることも無いので、持っていた不動産は賃貸オーナーとして所有するのではなく売却して今後の生活資金にする方向で家族会議もまとまりました。
両親の介護の事も考えなくてはならなかったので、大切にしてきた家をなるべく高く売りたいと思い、買取業者ではなく時間はかかるかもしれませんが不動産仲介での売却をすすめました。

ポストにチラシが入り、近所に店舗もあってCMも良く目にする会社へ電話して経緯を説明したところ、まずは査定に伺う都の事でした。
子供は2人いたものの、部屋は比較的丁寧に使っていたため簡単な掃除と物の整理だけをして担当者を迎えました。
査定当日、担当者は簡単な挨拶を済ませたのち、室内の仕様や設備を丁寧に実見していました。
その後落ち着いたところで本題の査定の話へ。
売却の経緯や、なるべく高く売りたい事、引っ越し日が決まっているのでなるべくそれまでに全てを片づけたい旨を正直に話しました。
担当者からは事前に下調べをしてきた簡易的な査定書を元に現状の近隣の売却状況や売り方についてのアドバイスを話してくれました。
自分が思っていたよりも低い金額の提示をされ、正直なところ仲介契約を結んで良いのか迷いましたが、厳しい事も隠さずに話してくれた担当者を信用して専属専任媒介契約という形式での仲介契約をお願いしました。
媒介契約には3タイプありますが、今回はしっかりと業務報告や宣伝活動をしてもらえる専属専任媒介契約でおねがいしました。

宣伝活動が始まってすぐに内見したいという方を数人ご紹介いただきました。
居住中でオープンハウスは恥ずかしいので宣伝活動のみですすめました。
丁寧に使っているものの、使用感はあるので申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、ありのままを見てもらって判断してもらえれば良いと思い依頼があれば内見をして頂きました。
内見にはなるべく立ち会いましたが、どうしても予定が合わない時だけは担当者に立ち合いをお願いました。
内見しに来た人が必ず聞くのは上下左右の居住者の方の事でした。小さなお子さんがいる家族の方はそこが一番気にしていたようです。
幸い、今住んでいるまわりの方は子連れに寛容な方ばかりなので、こちらとしても居住者として本当の事を話せるので、居住中の売却も悪くないと感じました。

その後、良いご縁にめぐまれ開始から約一月あまりで売買契約を結ぶ事が出来ました。
買主より売買価格の値下げの相談はありましたが、そこは担当者に任せて少しの値下げで話がまとまりました。
その後は抵当権の抹消、所有権移転の手続き、引越し手続き、引き渡し、あらゆることに担当者がサポートしてくれました。
引越し先の事で頭がいっぱいだったので、必要なものや予定を丁寧に説明してくれて本当に助かりました。
担当者の方にも恵まれたとおもいます。
中には関係がうまくいかないという人の話を聞いていたのでどうなる事やたと思っていましたが、新しく住む方も周りのかたとすぐに仲良くなれそうな礼儀正しい方なので、去る方としてもほっとしました。

不動産の売却を行ってみて、どの会社にするかも宣伝力の問題もありますが、何よりも担当者との信頼関係が一番だと思いました。
仲介の契約を結べば各社の見込み客を紹介してもらえるので、どこの不動産会社と契約しても問題はありません。
物件の設定金額が市場の価格と大きくずれていたり、金額と室内の状況が見合って無かったり、値付けが正しくないと内見にもつながりません。
一社目の査定であまり納得できないようであれば、2社目の査定をお願いした方が良いでしょう。
今は一括査定という方法もあるので活用するのも一つでしょう。