仲介を依頼して不動産を売却するときの注意点

他の業者とも相談を

子供が増えてマンションの売却を考える : 業者が適正な価格を出してくるとは限らない : 他の業者とも相談を

一方、それでも売れることがなくて三ヶ月が経ち、契約の更新についての相談をすることになりました。
ただ、これでも売れないのは何か問題があるのではないかと思い、更新の前に別の業者に相談してみたのが功を奏したと言えるでしょう。
その業者は自分のマンションを流通している不動産として知っていなかったのです。
義務の不履行だということに気づいたのはそのときであり、通常はレインズに登録しなければならない専属専任媒介契約を結んでいたのに業者が怠っていたのでした。
これでは信頼できないとわかって、今回相談した業者に乗り換えて新たに専属専任媒介契約を結んで営業活動を行ってもらうことにしました。
価格も見直して相場よりも少し高いところから始めるということになり、最終的には相場通りの値段で売却することができたのです。
最初からこの業者に依頼していれば良かったものの、過去にお世話になったという事実から信頼できる業者だと信じてしまったのが良くなかったと言えます。
当時は良くても今は良いとは限らないと考えて業者選びをするのが不動産売却をするときには重要です。
信頼できる業者だと思うとつい仲介を依頼してしまいたくなりますが、他の業者にも相談してよく吟味した上で依頼するのが大切だとわかりました。